現在の会長とはじめて会ったのは、自分が不動産会社の営業マンだった頃。大阪工場の物件を紹介する際に「オープニングスタッフとして来ないか」と誘われました。それで転職してしまったのですから、運命としか言いようがありませんし、決め手となったのは会長の人柄という部分も大きいですね。現在、運営部長として三河地区全般の営業所の運営を任され、経理と販売両方を見る立場にあります。転職したのが2000年あたりですから、既に13年。しかし13年で、こんなポストに置いて頂いているのです。いきなり締めの言葉のようですが、これから入ってこられる皆さんにも色々とチャンスを与えてくれる会社だということはご理解頂けると思います。転職した当初は、製造から営業まで本当に何でもやってました。もちろん右も左も分からない初めて接する業界だったので、深夜まで鋼材の事などを勉強していて本当に大変でしたが、大変チャンスの多い業界だと感じていましたし、当社が提供しているサービスはリピート性が高く、面白い事業だと感じていました。入社して営業として働いた後、チームで活動する際のリーダーとなり、その後大阪工場の引っ越しとともに課長職に。その後現在の部長職となりました。

13年間FUJIMAKI GROUPで働いてきて、会社の急速かつ大きな成長はもとより、リーマンショックの影響による工場の閉鎖などの困難も経験しました。そもそも弾力的な経営を経営陣が行っていたため、幸いなことにかなりの水準まで戻りましたが、外的要因に左右されない体質と体力を常に備えていなければならないと思っています。国内で、当社がまだ進出していないエリアの開拓はもとより、海外での展開も大変重要だと感じています。日本で当社が起こしてきたことは、きっと海外でも今後求められていくでしょう。また様々な事業展開を行っていますが、「FFP」に匹敵する第2、第3の矢を放っていく必要もあります。そのためには、新しい世代の力が必要であり、その世代が伸び伸びと力を発揮できる環境作りを行う必要があります。このことは自分の仕事の一つだと考えています。

他のスタッフが同じ事を言っていると思いますが、当社はメンバー同士が本当に仲が良く、チームワークに優れた会社だと感じています。お仕着せのように上下関係を強いるようなことはなく、厳しすぎず、誰もが相談しやすい環境でしょう。この社風のよいところを保つために、運営する側としては部署間で意識の齟齬が生まれたりしないように、風通しを保つことを心がけています。前述のとおり、これからの成長のためには新しい世代の力が必要です。自分が事業を動かすんだ、というぐらい向上心を持った人に門を叩いて欲しいな、そう思っています。そして、皆さんに名実共に突破力が備われば、様々なチャンスを与えてくれる会社、それがFUJIMAKI GROUPであり、伝統であるのです。