事務職としてFUJIMAKI GROUPに入社しましたが、正直なところテレビドラマあたりで見ていた事務職とは180度違いました。コピーを取ったり、お茶を入れたり。このページをご覧の皆さんも、事務職といえばこんな仕事を想像すると思います。実際は、数限りないほどのお客さまからご注文の電話を受けて、事細かに注文内容を精査し、材料調達から製造現場への製造内容の伝達、実際に商品を運ぶ営業チームへの橋渡しと業務は多岐にわたり、全ての業務プロセスに何かしら絡む、言ってみれば情報伝達の中枢での業務なのかもしれません。確かに伝票を起こしたり、事務職らしい仕事も断片的に見ればそんなシーンもあるのですが、何しろ責任重大です。FUJIMAKI GROUPはプレートの一次加工までを行い、お客さまに製造されたプレートをお渡ししてから、どんな形や姿になっていくのかは私たちにもわからないことの方が多いのです。したがって、初めて伺うようなご注文内容も珍しくありません。そうなると、材料調達も経験の無いような内容だったりします。お客さまのご要望に理解が伴わない状態では、間違った材料調達、間違った仕上げ、そんな重大なミスに直結するのです。お客さまの不興を買うことはもちろん、会社としても当然損失を招きます。最初の頃はともかく必死で、想像していた仕事とのあまりの違いに戸惑うばかりでした。

もともと、雑貨やインテリアなどを扱うお洒落なショップで働きたいと思っていました。大学は、現代社会学の中での都市環境デザインを学び、建築学からインテリアまで多岐にわたる世界でした。在学中はインテリアのデザインを眺め、とある建物の歴史を深掘りして探っていく、そんなことをやっていたのですね。希望の職種に進むこともいろいろ考えましたが、なかなか難しそう。それに薙刀(なぎなた)をやっていたこともあって、練習や大会のことを考えれば、決まった時間で働ける仕事に魅力を感じて事務職という仕事を選び、FUJIMAKI GROUPに入社することになったのです。ところが、前述のとおり自分が想像していた事務職のイメージからはかけ離れ、全く無縁だった鋼材が相手で知識もゼロ。とにかく、覚えることが多すぎて、責任も大きい。凄まじい勢いで毎日が過ぎ去っていきます。電話口でお客さまがお話になることも最初はサッパリわからなくて。そんな中でも自分のことをお客さまが覚えてくださったり、仲良くさせていただいたりすると、やはり嬉しいものです。職場の皆さんはもとより、お客さまや、調達先の方々にも随分いろんなことを教えていただきました。話は変わりますが、同期の人と「もう3年も経ったんだねえ」なんて話をしていたところです。月日を忘れるということは、やはりそれだけ充実しているんだなと思うと同時に、やりがいを感じてるのだなあと思います。